所信の一端をここに記しています。
by taku--chan
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30










以前の記事
大人として、日本人として。
誰が日本のことを伝えて、残していくのか。
昨日からのブログの続きですが、深く難しい課題です。

でもこれは大切なことなんです。
我が国のことを次世代にどう伝えていくのか、
今の世代の責任として、大人の責任として考えなければいけません。

歴史の中で、様々なそのときを知るものが発見されます。
時にピラミッドの壁画であったり、古文書であったりと調べなければ
紐解かなければわからないものもありますが、
我が家の中で話として、文書として伝えられることがたくさんあります。

大勢に正確に伝えることはとても大変ですが、
国のことと正しい日本語と
歴史のこと、宗教のこと、その家や家系のことをわが子に伝えるだけで、
我が国の大切なことを残していくことが出来ます。

日本の素晴らしいところは、新しいものをどんどん取り入れ、新たな文化を
時代時代で作っていくところだと思います。
だからこそ、昔から伝わること例えば正座とか、お箸とか、そんな簡単なことから
伝えていかなければいけないのです。

時代は変わり、長く生きられるようになりました。
世界一の長寿国であるがゆえに様々な想像できなかった弊害も起こっていますが、
先は短いと思っていた頃に比べ、いつかそのうち・・とかくるときがくれば・・
と思っているうちに時期を逃してしまっては意味がありません。

このことに日本人が気付き、大切にすればこの国は大きく方向転換し
末永く繁栄していくと思います。

でちなみに昨日の答えは大日本帝国憲法を改正し・・・と本文前にあるように、
改正されたものです。
つまり、改正された憲法を改正することすら出来ない国は、世界でも
わずか数カ国しかありません。
時代に合わせ、国の考え方を柱を築き直すことはその時代の国家の責務でも
あります。
単純にはいきませんが、少しでもあるべき姿を示しながら、正しいことをしたいと思います。
[PR]
by taku--chan | 2008-05-30 12:22
<< ついに・・ 日本国憲法 >>


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧