所信の一端をここに記しています。
by taku--chan
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30










以前の記事
大切な命
今年遣り残したことを考えてみたら、たくさんありました。
ブログ上でも多々あったのですが、この紹介だけはしておかないと、
後々皆様にご説明するにも繋がらないので、
暮れも迫ってなんですが、今力を入れている活動というか、取り組みを
ご紹介します。

そもそものはじまりは、親友からの縁でした。
今年、中学時代からの親友からの紹介で出会い、一緒に取り組んで欲しいと
頼まれたのが、犬や猫を救う活動です。

そもそも、深く興味も持っており、区議時代から地域の方々と
救う活動はしていましたが、より具体的に仕組みを構築できないものか
今真剣に考えて取り組んでいます。

そもそも、犬や猫は人間が飼うために産まれてきたものがほとんどです。
つまり、今命の危機に去られている、何らかの事情で集められた犬や猫達は、
人間のエゴの産物と言い切っていいと考えています。

でも、法律上は『モノ』として扱われる以上、
飼い主を失った、または環境が整わないままに産まれてしまった子たちは、
ガスや薬で保護されてわずか1週間足らずで殺されてしまいます。

私も犬を飼っています。
妻の実家にも老衰で亡くなりましたが、つい最近まで猫が居ました。

動物と付き合っていくことは大変なことです。
しかし、引越しや様々な事情で置き去りにされていく子達は
何も知らず、わからず、命を奪われてしまうのです。

そこで、仲間達と考えました。
もしこの子達にチャンスがあれば・・・、
いや、そのチャンスを広げるべきでは・・・。
これがそもそもの始まりでした。

命に関しては、人一倍ナーバスになっているからかもしれませんが、
守れるのならば、なんとかしてみたい。

そんな中、知り合ったのが、塩村文夏さんでした。
活動や情熱はブログを見てください。感動します。
その活動内容や、心意気に打たれて、やれるだけやってみようと
いま大人が集まって知恵を出し合っています。
行政も協力的で、いい報告が来年できればいいなと考えています。

命は大事。
いうまでもありませんが、1人が10のことを考えて実行するのは難しいけど、
1人が1つ大事なものを守る気持ちがもてれば、
きっと助かる命はたくさんあります。

人間同士が厳しい環境で生きていかなければいけないからこその
癒しで飼われてきた犬や猫達。
誰もが愛すべき命で、そして守れないならば求めない勇気も時には必要です。

過剰な供給も大きな問題だと思います。
でも、ICなどでの管理には疑問がありますし、課題はたくさんです。

皆さんもこの議論に参加してみませんか?
今、仲間を集っています。
私はNPOを立ち上げる覚悟で臨んでいます。

まずはぜひ、塩村さんのブログを読んでみてください。

塩村文夏さんのブログ
http://shiomura-ayaka.cocolog-nifty.com/blog/carctgy/index.html

a0013979_18125520.jpg

[PR]
by taku--chan | 2008-12-28 23:44
<< 新HP 世田谷の犯罪が減ってきた!! >>


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧