所信の一端をここに記しています。
by taku--chan










以前の記事
2008年 05月 17日 ( 1 )
番外編:お返事
来年高校受験を控えてる中三娘を持つ親です。
娘は今、吹奏楽部に所属しています。高校でも吹奏楽はやりたいという事で、駒澤高校を視野に入れています。
ただ今回の事件を知り、大変不安に思います。
事実を知りと書いてありますが、報道内容は違うということでしょうか?
なにがどう違うのか全くわかりません。

という書き込みがありましたが、お返事を書こうにも、返事のコメント欄の文字数が少なく、
ここにお返事したいと思います。
前提として、この記事への反響が思いのほか多く、驚いています。
ほとんどが支持のものでしたが、この場を借りて御礼申し上げます。
またこの書き込みを頂いた方、こんな形でご披露することをお許しください。


書き込み、ありがとうございます。
詳しくここに書けないこともありますので、本当に情報が必要
でしたら、ぜひ、メールをいただければと思います。
ひとついえることは今より部が結束し、部員たちの情熱や思いが
ひしひしと伝わってきます。
手を上げたことは事実です。きっとこれからはないでしょう。
ただ私たちも同じ経験をしてきていますが、暴力と思うような受け方は一度としてなかったということです。
しつけや叱られる表れとして、パーンと手がでることに疑問すら感じたことはなかったのですが、時代が違うのかもしれません。
そういう意味ではそういうしつけや教育はなくなっていくことでしょう。
でも、駒澤のブラスは人生において最高の経験と思います。
ただ、練習も自分自身や音、楽器との戦いも大変です。
安易にはお勧めはしません。
ただ追求し、振り返ってやっといてよかったと心から思える部も
日本中探してもそうはないでしょう。
吉野先生という方がその部を育てた方ですし、卒業生、現役生また保護者も含め尊敬し愛すべき先生です。
あの記事だけ見ると、非道な先生が感情のままに生徒をどつきまわした!!みたいに書かれていますが、事実を知らない人が見たかのように伝えたことが、記事になったというところでしょう。
私はそう思っています。
もし、何かご心配があればぜひご連絡ください。
yamaguchi@taku-chan.com
[PR]
by taku--chan | 2008-05-17 22:59


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧