所信の一端をここに記しています。
by taku--chan










以前の記事
2008年 05月 28日 ( 1 )
三軒茶屋交差点2
三軒茶屋の反響が思ったより大きく、私の思うところを
書いておこうと思います。

なぜ、三軒茶屋の交差点の人の導線についてこだわるのかには
いくつかの理由があります。

1つはまちの分断化です。
お越しいただいた方にはお分かりと思いますが、
いわゆる茶沢通り側の商店街と
中洲部分に当たる商店街
さらに246より下馬側の商店街が
大きな国道と都道によって分断されています。


それぞれが特徴ある素晴らしい商店街でありますが、
人の流れが悪くて仕方がありません。

ようやく地下でつながり、一見良いようにも見えますが、
なんといってもやはり表で通じなければ意味がないのです。

2点目は災害対策です。
私の事務所もある地域太子堂はじめ多くの地域の広域避難場所は
この246を越えた昭和女子大となっています。
今ではポンプ操法大会や避難訓練もこの地で行われ、
避難する場所としての認識も少しずつもたれてきておりますが、
いかんせん、246を渡らなければ避難できないのです。
現状かなり迂回しなければ246を渡ることはできません。
しかも直接246を横断するのではなく、一度世田谷通りを渡りさらに246に
わたるという構造になっています。

しかもその信号の時間は電光石火のごときはやさですから、
こりゃいかん。ということになったわけです。

スクランブルがいいのか、歩道橋がいいのか、はたまた地下からの
エレベーターがいいのか、ただ災害時を考えると・・・など、
あらゆる可能性が考えられると思います。

こういった様々な環境から考えて、三軒茶屋の交差点問題を今議会で
質問しようと考えておりますので、どのように変わるかご注目ください。
[PR]
by taku--chan | 2008-05-28 20:38


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧