所信の一端をここに記しています。
by taku--chan










以前の記事
<   2008年 12月 ( 31 )   > この月の画像一覧
今年も一年ありがとうございました。
秘書時代から数えて16年続けている『蛍の光街宣』。
今年も区内各地を御礼廻りしてまいりました。
多くの方々に頂いた激励の言葉、本当に励まされました。
来年は勝負の年、力に変えてがんばります。

小宮山洋子さんにお借りした宣伝カーをお返しし、
年越しそばをスタッフと啜って事務所に戻ったら22時。
23時には来年初仕事の集合ですから、仕事納めから仕事始めまでその間1時間。
毎年のことですから、いまさら驚きもありませんが、議員とはこういうものです。

今年一年は議会で活躍の場が多かった一年でした。
しかし、地元や地域での政治活動からみれば、例年に比べ
少なかったように感じています。

来年は内容、質ともに高い、地域活動に務めていこうと思っています。
触れ合う機会はたくさん頂いていますので、ありがたく、より活かしていきます。

混沌とした政治情勢、経済・景気動向、年が越したからといって
急激に変わることは無いでしょう。
しかし総選挙、都議選を通じて、多くの『今』に対する意思表示や不満が
ぶつけていただけるものと信じて活動を続けています。

終わりから始まりまでのこの1時間。
自身を切り替える大切な1時間。

今年も一年本当にありがとうございました。
来年も宜しくお願い申し上げます。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-31 22:16
2008年
あっという間に30日、今年もあと2日。
明日は一日外に出っ放しのため、今日、事務所を片付けました。
事務所は31日23時半まで開業、元旦0時ちょうど代田八幡から仕事始めです。
いつでもご連絡ください。

テレビやラジオ、新聞では、今年一年を振り返る企画が繰り返されています。

連続殺傷事件や相次いだ食品偽装や
総理辞任もあたごの衝突も、
中国四川地震をはじめ、国内でも震災や集中豪雨に見舞われたのもまだ今年の話です。

あっという間のような気がしているのは私だけかもしれませんが、
それにしてもこれはよかったといえることがあまりに少なく、
忘れてはならない事件・事故は遠い記憶のようにすら感じてしまいます。

『偽』という文字に象徴される2年の後の『変』という一年。
変どころか『大変』な一年でしたが、皆様にとってはどんな一年だったでしょうか?

来年は繰り返しになりますが、攻める一年ではなく守る一年にきっとなるでしょう。
こういうときこそ、政治が、行政が国民の生命と財産を守らなくてはいけません。

覚悟をもって臨む2009年を厳かな気持ちで迎えたいと思います。
その前に溜まった仕事や原稿を仕上げないと、年も越せません。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-30 23:18
新HP
来年皆様に御覧を頂くHPの新たな構想がようやくまとまり、
制作にかかっております。
またも三軒茶屋、山口事務所御用達のキクヤ文具店飛鳥さん、大活躍です。
心より感謝申し上げます。
名前出してよかったかな?いいことだから許して。。。

地元のそれぞれのエキスパートに、随分事務所は救われています。
私もそうそう事務所に居ないこともあって、ボランティアの皆様の
お支えあっての運営です。

皆様今年もありがとうございました。

RAV(リサイクル・アート・ビレッジ)も無事に15周年を終え、
16周年に新たに突入します。
世田谷公園の改修工事のため、春3ヶ月はほとんど活動もないこともあって、
FAXやメールによる案内や出展登録のシステム構築も進めています。

より便利に、楽しんでいただけるよう、来年頑張っていきます。

NPOは実に充実した一年でもありました。
役員も大幅改選でリフレッシュし、新たなスタッフの発案の元、
商店街や電車の沿線調査やクリーンキャンペーンも進んでいます。
来年もがんばりますので、ぜひ皆様も参加してみてください。
街がきれいになるのを実感できます。

来年も早稲田や駒澤で授業を持たせていただけそうですし、
充実した一年にきっとなるでしょう。

一番大切なのは地域での地元活動と都庁で闘ってくること。
初心を忘れず頑張ります。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-29 22:30
大切な命
今年遣り残したことを考えてみたら、たくさんありました。
ブログ上でも多々あったのですが、この紹介だけはしておかないと、
後々皆様にご説明するにも繋がらないので、
暮れも迫ってなんですが、今力を入れている活動というか、取り組みを
ご紹介します。

そもそものはじまりは、親友からの縁でした。
今年、中学時代からの親友からの紹介で出会い、一緒に取り組んで欲しいと
頼まれたのが、犬や猫を救う活動です。

そもそも、深く興味も持っており、区議時代から地域の方々と
救う活動はしていましたが、より具体的に仕組みを構築できないものか
今真剣に考えて取り組んでいます。

そもそも、犬や猫は人間が飼うために産まれてきたものがほとんどです。
つまり、今命の危機に去られている、何らかの事情で集められた犬や猫達は、
人間のエゴの産物と言い切っていいと考えています。

でも、法律上は『モノ』として扱われる以上、
飼い主を失った、または環境が整わないままに産まれてしまった子たちは、
ガスや薬で保護されてわずか1週間足らずで殺されてしまいます。

私も犬を飼っています。
妻の実家にも老衰で亡くなりましたが、つい最近まで猫が居ました。

動物と付き合っていくことは大変なことです。
しかし、引越しや様々な事情で置き去りにされていく子達は
何も知らず、わからず、命を奪われてしまうのです。

そこで、仲間達と考えました。
もしこの子達にチャンスがあれば・・・、
いや、そのチャンスを広げるべきでは・・・。
これがそもそもの始まりでした。

命に関しては、人一倍ナーバスになっているからかもしれませんが、
守れるのならば、なんとかしてみたい。

そんな中、知り合ったのが、塩村文夏さんでした。
活動や情熱はブログを見てください。感動します。
その活動内容や、心意気に打たれて、やれるだけやってみようと
いま大人が集まって知恵を出し合っています。
行政も協力的で、いい報告が来年できればいいなと考えています。

命は大事。
いうまでもありませんが、1人が10のことを考えて実行するのは難しいけど、
1人が1つ大事なものを守る気持ちがもてれば、
きっと助かる命はたくさんあります。

人間同士が厳しい環境で生きていかなければいけないからこその
癒しで飼われてきた犬や猫達。
誰もが愛すべき命で、そして守れないならば求めない勇気も時には必要です。

過剰な供給も大きな問題だと思います。
でも、ICなどでの管理には疑問がありますし、課題はたくさんです。

皆さんもこの議論に参加してみませんか?
今、仲間を集っています。
私はNPOを立ち上げる覚悟で臨んでいます。

まずはぜひ、塩村さんのブログを読んでみてください。

塩村文夏さんのブログ
http://shiomura-ayaka.cocolog-nifty.com/blog/carctgy/index.html

a0013979_18125520.jpg

[PR]
by taku--chan | 2008-12-28 23:44
世田谷の犯罪が減ってきた!!
世田谷区内の犯罪が激減してきている。
犯罪抑止のためのNPO活動をしているひとりとして
本当に嬉しい限りです。

安全安心に力を入れ、区民の皆様が自主的に行う
パトロールの団体も570を越すなど、住民自治の進む世田谷。
その効果は確実に現われています。

身近な軽微な犯罪を減らしていくことが、
大きな犯罪を寄せ付けない第1歩となります。
皆様も、先ずは自分の身を守る、この基本に還って、
安全や安心、犯罪から身を、家族を守ることに意識してみてください。

私たちは、落書きやゴミを街からなくすことで、
監視の行き届いたまちを造っていきます。

ちなみに、世田谷区は長年ずーっと都内犯罪発生率ワースト1位。
いまでは3位まで落ちました。

広くて人口の多い世田谷区は、他との比較は大変不利。
でも、頑張った成果が現われています。

もちろん、警察4署はじめ、関係各位のご尽力はいうまでも
ありません。

ちなみに、地元太子堂で一番効果があるのは、声掛けです。
誰にでも元気に挨拶します。
知らない人はなおさら声をかけます。
実は、これが一番効きます。

来年はもっと安心して住める世田谷になるよう、がんばります。



平成20年11月末現在の世田谷区内の刑法犯認知件数
項目    本年     昨年    順位 (都内)
全刑法犯  9792件  -1075件  第3位
ひったくり   100件  -138件   第6位
侵入窃盗   592件  -206件   第2位
車上ねらい  258件  -63件   第9位
自動車盗   23件   -7件    第7位
オートバイ盗   360件  -88件  第6位
自転車盗   3435件  -35件  第1位
粗暴犯    410件   +19件   第5位
(世田谷警察署ホームページより)
[PR]
by taku--chan | 2008-12-27 18:18
カウントダウン
役所も今日は御用納め。
ちょこっと議会にも顔を出して、シャンシャンと手締め。
いよいよ暮れていきます。

毎朝の街頭演説も今日で最後。
この11年、連続して最後の街頭演説は三軒茶屋北口です。

今年も一年間の感謝を込めて、ご挨拶させていただきました。
今年も一年お騒がせをいたしました、本当にありがとうございました。

活動は年中無休。
31日も元気に世田谷中を蛍の光を流しながら御礼街宣です。
こちらは17年連続のすっかりおなじみの恒例行事です。

残すところあと5日。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-26 18:02
どうしてだ?
人口減少が続き、1億2千700万人となった日本。
いまだ人口増を続け、3億人を超した米国。

日本の国家予算はざっくりしていて、極めて不明瞭だが、
一般会計は約80兆円、よくわからない特別会計が200兆円である。

米国の08年度予算総額は前年度比4.2%増の2兆9020億ドル
すなわち日本円にすると、1ドル120円で計算すると348兆2400億円。
つまり、日本と大して変わらないのである。

しかも、日本のようにざっくりとした数字でなくはっきり明確にされており、
その使途まで明らかとなっている。
日本はご承知の通り、特別会計はどうなっているのか示されておらず、
不透明な部分が多すぎます。

米国もまた日本と同様に財政赤字解消のための歳出削減に取り組み、
財政の健全化に務めているのです。そして結果黒字。
しかし日本は安倍総理が当時これを踏襲したものの、結果は米国とは
かけ離れたものになりました。

経済不安を金融危機を起こしたのは米国であり、政策的な問題も多いことから
一概にはいえませんが、
少なくとも、規模の全く違うふたつの国が、
同じ程度の予算でやりくりしている国が片やあるのに、(米国)
どうにもならない実情も把握しきれない(日本)というのは、
明らかにおかしいのです。

世界中のこの予算規模の国と比較しても、明らかに日本がおかしいのは
わかります。
税金の使い道にもっともっと関心を高めていかなければいけないのです。

消費税をはじめ、集め方は日本では度々大きな議論としてクローズアップされます。
しかし、経済的に厳しい時代に突入するいまこそ、使い道をまず精査すべきなのです。

いくら入れても、底が抜けた財布にお金は堪らないのです。

私は比較はとても重要だと考えています。
もちろん国家には歴史があり、人種や背景、税体系まで含めた
様々な違いはあるものの、原資という点から見れば、精度やありかたを除外して
考えても、明らかに日本のお金の使い方は下手すぎるのか、無駄が多すぎると
いうことになります。

いま国をはじめ、あらゆる予算が検討されています。
しかし、前年度と比較したものばかりで、未来をみたものではないでしょう。

私たちに今求められていることは、今を凌ぐことばかりでなく、
将来を見据えて今やるべきことを考えることです。

日本は今、未曾有の危機にあります。
これは総理と国民、共通の認識でしょう。
しかし、だから今何をしてどうあるべきかという大切なことが
全くかけ離れてしまっています。

私たちの世代はバブルも知らない世代。
贅沢よりは、厳しい時代を通ってきた世代。

その世代が、長く続けて頑張っていただいた世代から
多くのものを引き継ぐそんな時代に突入しました。

新しい仕組みがこの国には必要です。

来年の政権交代後の我が国の大きな柱となるでしょう。

新しい国、日本。
主役は国民です。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-25 23:23
メリークリスマス
クリスマスイブは皆様はどなたとお過ごしでしょうか?

私は例年通り、教会に行ってきました。
家族で厳かな時間を教会で過ごし、またクリスマスについて
語らうことはとても有意義な時間。
子どもも元気良く賛美歌を歌い、とても楽しく過ごせました。

深夜のミサには、ここ近年1人で行っていましたが、
今年はよほど楽しかったのか、一緒にいくことに。
眠たいとも言わず、熱心に参加していました。

信仰と宗教。
まったく違うこのふたつは、同じことのように捉えられがちです。
しかし、宗教は手段であって、信仰とは全く違います。
日本人は多文化で宗教もたくさん存在します。
若い世代で、自身の宗教や家の宗派を知らない人が多いことは
本当に嘆かわしいことです。
家に祝い事か、不幸でもない限り、知る機会も少ないでしょう。

でも、大切なことなのです。
なんでもいいというわけにはいきませんし、
信念に基づく無宗教はいいとしても、いざとなったら
『神様、仏様』では虫が良すぎるというものです。

信仰はまた違うものです。
自分の身体の全てに意味があるように、
心とはいったい何のために、またどうあるべきなのか?
それを追い求めていくことが信仰なのではと常々思っています。

自身を見つめなおす。
その基本は心を問いただしていくことです。

考えることも、思うことも、脳が頭がしてくれます。
では、心とは何をするところで、何のためにあるのか?

それが知りたくて、いろいろな教えを学んでいます。

クリスマスおめでとうございます。

多くの人が幸せな気持ちで過ごしているでしょう。
でも、より深く信仰心を持っていても、宗教心を持っていても、
今、この瞬間に銃を握らなければいけない人もいます。
悲しみや絶望に立たされているひともいるでしょう。

だからこそ、世界に平和を込めて、メリークリスマスなのです。

世界の平和というより、ひとりひとりが幸せを感じられていればと
つくづく思いました。

メリークリスマス
皆様幸せにお過ごしください。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-24 23:33
新しい出会い
今日は朝から道場の大掃除。
事務所でもやらないのに、道場では我が精神の勉強と、
お世話になった道場のため、心を込めて掃除をしてきました。

触れ合ってわかる、人とのつながり。
そして、合気道を通じて学んだ、自分との戦い。

自身を見直すいい機会となった一年でした。

鍛錬と練磨。
言葉は違えど、自身にとって欠くことのできないこと。

政治の道に生きるものとして、このふたつは常に持ち続けて
いきたいと思っています。

天道館の道場にいくと、凛とした気持ちになります。
大切な何かをおもいだしにいくように、
大切のものを取り戻しにいくように、
来年も通いたいと思います。

今年も一年、先生はじめ道場ご関係の皆様、
本当にありがとうございました。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-23 23:19
街頭演説残りわずか。
忘年会もひと段落。とはいえ、1日2件ずつくらいは伺っています。

毎朝続けている街頭演説も今年最後のご挨拶が続いています。
今日は梅ヶ丘最後の街頭演説。
マイクは持たずにひたすら御礼とチラシ配りをさせていただきました。

マイクを持たずにいると、皆様が一言づつ言葉をかけてくださいます。
今日は寒かったけど心温まる街頭演説になりました。
[PR]
by taku--chan | 2008-12-22 18:11


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧