所信の一端をここに記しています。
by taku--chan










以前の記事
<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
友達とのんびり。
午前中から国会で政策会議があり、
その後、同級生小渕優子大臣の事務所にフラッと立ち寄り
久しぶりにゆっくり話をしてきました。

中身はいつ選挙??と子育て。
選挙の話はあんまりせず、
ずっとお腹の中に二人目のお子様の誕生を待つばかりの大臣と、
お互いの子どもの写真を見せ合いながら、
いまどきとこれからの子育てについてじっくり話ができました。

党派も生い立ちもまったく違いますし、
今となっては、なんで友達なんだろ??と不思議なくらいですが、
様々、勉強になることばかりです。

同世代。
これから先のことを真剣に考え、今取り組み、
責任として背負っていく世代。

友達っていいなと、ようやくわかり始めた
36歳2児の父です。

がんばれママ。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-24 14:49
一番多いゴミはオムツ
山口拓事務所はさながら保育園。
我が家の3ヶ月君と、ボランティアの方々のお子様方が毎日大勢。
お電話いただくとわかりますが、ギャーギャーと大騒ぎです。
ついにベビーベッドを完備しましたが、あまりのスペースに撤去。
床置きの柵に囲まれてみんなで遊んでます。

午後になると小学生チームが帰宅し、
子育てのフォローに。
うちの長女もオムツからミルク、お散歩までテキパキこなします。

下は3ヶ月から上は73歳まで
多くのボランティアのおかげで支えられております。
感謝。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-22 23:29
世田谷保育のあり方について
読者は増え続けているのに、更新が遅れすぎ。
すいません、ご指摘はごもっともです。気をつけていきます。

さて、今日は世田谷区の保育状況、現場の実態を視察してきました。
といっても、子育て真っ最中議員としては日常の風景でしたが、
様々な保育園を比較するにはいいチャンス。とばかりに様々伺ってまいりました。

国会議員、都議会、区議会議員総勢20名ほどでしょうか
私立、認証、認可と廻りましたが、どれも特徴は明確に分かれています。

認可の立派な施設、広いお庭に対して、
外に遊び場を持たないというよりもてない保育園まで多種多様。
それでも保育料は認可のほうが安かったりと、
保育の矛盾点と待機児の増える要因の見えない一因が
わかりました。

一言で保育または保育施設といっても本当に幅が広く
形態はまちまちです。

時代や社会環境の変化に伴う、
未就学の子どもたちの成育環境を考えていく上で、
幼稚園を含めた環境整備、体制整備はもはや国を挙げての
プロジェクトと成らなければいけません。

なぜ幼稚園と、保育なのか?
この根本からもう転換していい時代だと一親として思います。
2分の1で、かつ保育にしても環境様々、条件様々、
幼稚園もそれこそ統一基準もなく、自由。

一元化が絶対とはいいませんが、
今のシステムに大きな風穴を開けていかなければ、
働く保護者も、そして子どもたちも、
あの時に・・・と後悔のないよう、がんばります。
a0013979_14413362.jpg

[PR]
by taku--chan | 2009-05-21 22:57
東京でもついに。。。
東京でもついに新型インフルエンザの感染が確認されたようです。
しかし、ここは冷静に行動しなければいけません。

新型は感染の連鎖による進化が深刻な問題であり、
感染ももちろんいいことではありませんが、その弱さは日々流行するインフルエンザと
大差はないようです。
もちろん専門家ではありませんから、軽々には申し上げられませんが、
日ごろからの予防が今のところ一番効果的なようですので、
皆様も十分、ご注意ください。

そして、今後の情報にも十分注視していただければと思います。


5月17日現在、WHOパンデミックインフルエンザ警報フューズ5の
新型インフルエンザ。
毎年流行する通常のインフルエンザでは、成人と比較して抵抗力の弱い
小児や高齢者が重症化しやすいとされていますが、H5N1型鳥インフルエンザの
感染状況を見ると、30代以下の若年層の死亡が目立っています。

また、1918年スペインかぜでも若年層の死亡率が高かったことを考えても、
今回の新型インフルエンザも30代以下の若者が犠牲になる可能性が高いと
されています。

お子さんのいらっしゃるご家庭はもとより、多くの皆さんが行く末を案じている
ことと思います。
 
私は新型インフルエンザ対策に都議会議員として出来ることのすべてを
投じます。

都では政府と連携して、十分な対策を講じています。空港等水際で阻止する
のは当然ですが、万が一、都で流行した場合どうなるか。
私たちが暮らす世田谷は人口が多いだけではなく、周辺地域から鉄道で
通過する移動人口が多いことにも注意しなければなりません。

国や都で講ずる対策で対策だけではなく、世田谷の事情に合ったきめ細かい
対策が必要です。
 
さらに臨時休校で遅れた授業をどのようにカバーするか、商店街の売り上げ減
など考えればきりがありません。

まず水際で防ぐこと、初期段階で隔離できるよう万全な相談体制を整えること、
お一人おひとりが予防につとめるよう啓発することが大切です。

万が一発生した場合に備え、国・都・区が円滑に連携できる体制をめざして
活動してまいります。
それが子育てと介護に責任をもつ世代として何よりも取り組まなければならない
課題だと考えています。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-20 23:57
街頭演説
ここのところ、急激に朝の街頭演説をされる方が増え、
予定通りに出来ていませんが、変わらず毎日駅頭から訴えております。

新しいレポートには、鳩山代表のメッセージや
インフルエンザ対策への所見や政策、そして東京政策2009の一端などを
配りながら、街頭演説をしています。

ここのところ配布枚数新記録を連続更新中。
良くも悪くもご注目いただけているのはありがたいことです。

ご信頼やご指導をいただけるよう、身を引き締めてがんばります。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-19 21:06
東京政策2009
今日は
今月末から始まる委員会、そして来月頭からスタートする
本会議に向け、久々に議会に行き準備してきました。

昨日『東京政策2009』、東京マニフェストの基礎となる政策のご報告を
新聞折り込み致しました。
お問い合わせの多かったのが、やはり子育てと教育。
パブリックコメントを頂いて、いいマニフェストを作りたいと思います。

私が提案し続けている政策や、先頭で質疑を続けてきた
新銀行東京の問題をはじめ、課題の一つ一つを解決し実現できるよう、
がんばっていきます。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-18 23:01
ニトリート杯
今日から世田谷バレーボール連盟主催、
ニトリート杯レディースバレーボール大会が開幕いたしました。

世田谷区内の各所、小中学校の体育館で激戦が繰り広げられ、
決勝大会は6月の6日。

かなりレベルの高い世田谷のバレー。

楽しみです。

関係各位のご協力あっての開催です。
スポンサー、関係各団体の皆様宜しくお願いします。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-17 20:50
鳩山新代表誕生
鳩山新代表誕生。

一皮向けた、新しい民主党を待ち望まれている方も
たくさんおられるかと思います。
ご期待にこたえられるよう、全力でがんばらなければ
いけません。

私は一地方議員。
政策を愚直にお伝えし、現状から新しい未来ある希望ある
東京や世田谷を作っていくために
今一度初心に返るいい機会となりました。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-16 23:48
代表選挙
早速、代表選挙の話題でマスコミは持ちきりです。

しかしいくつか疑問もあります。
ひとつは、代表選挙を国会議員だけで決めるか否かの議論。
解散総選挙を本当に補正予算成立と同時に総理が行った場合、
(総理のみぞ知る特権事項といってるわけですから)
万が一、サポーター選挙を準備し行っている最中に解散を打たれたら、
それこそ代表不在か、結局国会で急遽決定かになりかねません。
この緊張時にこそ、このような事態であることを説明し、
選ばれし国会議員でしっかり国民に理由もつけて選出すれば、
国民は納得するでしょう。

それよりも、ばたばたとあたふたするより、今取れる最良の道である。
と言い切る勇気が必要だと思います。

もちろん私も最善は、サポーターも含めた選挙だと思います。
解散総選挙がなければそれでいいでしょう。
しかしこの緊張時、まずなにをしなくてはいけないのかを、しっかり考えるべきです。

さらには代表選挙だけでなく、その他人事はまったく注目されていない点も同様です。
幹事長はどうなるのか、その他ネクストはそのまま行くのか?
代表変われば総入れ替えなのか、そもそも、誰が代表になると、幹事長が誰になるのか?
というのは深刻でかつ、現実的な心配であるはずです。

しかしマスコミも含め、まったくここは注目されていないのが実態です。
さらにいえば、これこそが代表選の鍵になるのではと思います。

私たちにとっても大変重要な選挙となります。
注目です。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-13 22:17
御礼
タイムリーというか、運がいいのか悪いのか、
今日は朝日新聞の夕刊に私の記事が掲載されました。

そして今日は山口拓の会。
本当に多くの皆様にご参集を賜り心より御礼申し上げます。
ご散財をかけ、さらにおもてなしもできなければお構いもできず、
大変申し訳ございませんでした。
420名を越す大入りで、会場は熱気にあふれ、大きな力を頂きました。
改めて御礼申し上げます。

中畑清応援団長も力が入り、そして駆けつけてくれた地元の俳優、宅麻伸さんを
はじめ、多くの皆様に叱咤激励を頂きました。

身の締まる想いと同時に、感謝感激の10周年でした。
本当に皆様、ありがとうございました。

この模様は、新聞やら、各局テレビ局も撮っておりますので、どこかで流れると思います。
また、日曜日の日本テレビのバンキシャでも放映予定です。
ぜひご覧ください。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-12 22:09


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧