所信の一端をここに記しています。
by taku--chan
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30










以前の記事
2005年 04月 27日 ( 1 )
民営化
この日記には政治の話よりもみのまわりのことを書くよう心がけていますが、
今日は郵政民営化についてについてひとこと。

国民不在とはまさにこのことでしょう。
私もよく議会の中で民営化と言う言葉を使います。
行政の感覚で進められてきた各種事業はあまりにも不合理が多く、効率化やコストなど
あらゆる面で考えた末、民間の感覚というものが行政にしっかりと取りいれられるべき
だからです。

さてそこで今回の郵政民営化です。
皆様、この民営化を望んでらっしゃ増すか?少なくとも私は民営化され、市場開放されることに
大きな期待を持っていました。

今回自民党内で合意され(されたのかどうかも良く分かりませんが)国会に提出されそうな
郵政民営化法案は改革ではなくすげ替えにしか見えません。

詳細は割愛するとして、国民の期待する改革や民営化と政府与党の考える改革とはあまりにも
かけ離れています。

2007年に持ち株会社の下に分離される4事業はこれをもって間違いなく事実上の一体化として運営され、郵貯や保険事業に頼った国庫財政にメスを入れるはずの本来の目的をすでに
見失いつつあります。

本来求められていた市場原理の導入によって郵政事業の効率化をはかり、郵貯や保険事業を
改革するといった改革が事実上、すげ替えられたことになります。

いま国民にごまかしは通用しません。
この改革に期待するという国民はアンケートによると日に日に減っているようです。
本来の意味を持つみんえいかが進むかどうか、ぜひしっかりご覧になってください。
[PR]
by taku--chan | 2005-04-27 22:49 | 日本のこと


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧