所信の一端をここに記しています。
by taku--chan










以前の記事
<   2009年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧
小沢一郎代表辞意表明
突然の代表辞任の一報は、朝日新聞の取材中でした。
まさに、青天の霹靂。
悔しい思いも残念な気持ちもありますが、
代表の決断を伺っていて、国民のため国家のために
政権交代はもはや不可欠であり、その妨げに自身がなっているのであれば、
理由はさておき、潔く身を引く。
そんな政治家としての決断を見たような気がしました。

やめないなりの方法を考えていくよりも、
訴えて、ご理解を頂いて、ご支援を頂いていくことのほうが
重要であり、
間違いなくこれを機に、代表の人気で左右される選挙から
政策による選択がなされていくことだろうと思います。

今、私たちができることは、愚直に政策をお伝えし、
皆様にご判断を頂くこと。
都議会だって政権交代しなければいけない時代を迎えています。

この先がどうなっていくものか、まだ見当もつきませんが、
驚きはほどほどに、次のことを早く考えていかねばなりません。

一皮向けた民主党を、
そして初心にかえったそれぞれの活動にぜひともご注目ください。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-11 21:52
フリマ御礼
春から一気に夏モード!
といわんばかりの陽気の中でフリマでした。

参加はいつも以上に多かったですが、近所の駒沢公園、中目黒商店街でも
大規模なフリマが開催されていたようで、人通りはまちまち。

でも楽しんでいただけたので、よかったです。

しかし、日陰の少ない公園でのフリマは大変です。
今日も、結局みんなで日陰を求めて移動しながらの開催になりました。
世田谷区が夏の間は公園でのフリマをやらないのが少しわかった気がしました。

皆様お疲れ様でした!また秋からがんばりましょう。
十分に荷物をためて置いてくださいね。。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-10 17:44
真実の志しを発して随分に参学する人、得ずということなし
駒大の恩師 大久保治男名誉教授の
在職50周年を祝う集いにいってきました。
先生のご要望で呼びかけ人として参加させていただきました。
先生おめでとうございました。

記念に発刊された随筆集には不肖私も寄稿させていただきました。

先生、そしてご家族の皆様本当におめでとうございます。
学生時代からご自宅にお招きいただき、いつも温かいご指導を頂いてきた
父親のような存在です。

ここにも随筆に寄稿した内容の抜粋を掲載いたします。

『初心』

日本曹洞宗の開祖である道元禅師が、日本曹洞禅思想の神髄を説かれている。『正法眼蔵随聞記』によると、「真実の志しを発して随分に参学する人、得ずということなし」と示されています。
要約すれば、仏道を得ることは、知識や才能のあるなしではなく、志のあるなしが問題であるということです。更には、切なる志を発して学ぶ人は、道を得ることができないということはない、とも断言されています。こういった志の表れこそが、衣食も忘れた修行になったのでしょう。
 私が駒澤大学法学部で学ぶ機会を頂き、大久保先生を訪ねたのは平成四年でした。当時、昼は議員秘書として働き、夜間大学に通う私の夢は、昼に学校に通うことでした。二部と呼ばれた夜間部には演習がなく、法学部に入学できたものの、より魅力的な授業や研究のための時間を作るためには、どうしても昼間部へ転部の受験に合格しなくてはいけませんでした。
 そんな中、図々しく突然大久保教授の部屋を訪ね、公私共にご指導を頂きたいと頼み込み、先生の下通い詰める毎日が始まりました。当時、政治は政界再編に揺れ混乱期であり、仕事に追われながらも、また転部受験に向け予備校にも通いながらでしたが、私にとって新たに学ぶことが楽しくて仕方のなかった時期でもありました。結果、合格し転部をすることができ、その後卒業までの時間を先生の下で引き続き学ばせて頂けることとなりました。
 先生からの数々の教えの中でも、『発想力』と『挑戦』 を強くご教授頂きました。先生の演習では日本法制史を研究し、法制の基本となる歴史・時代背景や庶民生活に至るまで学び、特に判例踏襲を基本とすることを前提としながら、法解釈については様々な角度からの発想を強く求められました。更に、研究内容の発表方法までも、自由闊達を求められ随分苦労したものです。
在学中からご自宅にお招き頂き、社交から人生観に至るまで昼夜を問わずお話を頂いたことも懐かしく思い出します。特に『正しく真っ直ぐ道を築くためには、振り返り過去の道を学ばなければならない。』『挑戦すること、決めたからにはやり遂げること。』という教えは、私の胸に今も深く刻み込まれ、議員としての基本として、深く教訓とさせて頂いています。
 先生の強いご教示とご支援もあって、卒業と同時に政治家としての活動をはじめ、二十六歳当時最年少で、世田谷区議会議員を二期、現在では都議会議員を一期、務めさせていただいております。更には都議在職中に早稲田大学大学院で修士を取得し、現在では駒澤大学、早稲田大学大学院でも教鞭を執る機会を頂いております。
 私の人生の転機を振り返れば、先生に出会えたことです。挑戦すること、基礎を築くために学ぶこと、発想力豊かにあること。どれも政治の基本であり、人生の基本でもあります。先生には卒業してもなお惜しむことなく学ぶ機会を頂けることこそも有難い限りです。
道元禅師は、「学道の人は先ず須く貧なるべし。財多ければ必ず其の志を失う」とも言われています。財産や名誉に気持ちが移ってしまうと、初心と志を失ってしまいます。志気の険しさを示す教えでありますが、先生の教えもこれに通ずるものであります。先生の元で学んだ政治を志す者も増えています。先生の下学んだことが私の初心です。行学一如の精神の元、初心を忘れず精進し、これからも先生の下で学ばせて頂きたいと思っております。感謝を込めて。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-09 17:38
議員活動10周年
いよいよ来週、山口拓後援会主催、
【山口拓議員活動10周年を祝う】山口拓を育てる集い
が開催されます。

12日火曜日 夜7時から キャロットタワー26階です。
ぜひ奮ってご参加いただければ幸いです。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-08 23:35
ミニ集会
連休も明け、早速街頭演説も再開しました。
連休中は夕方の街頭演説のみでしたが、意外にも
区内は人が多く、通常の日曜日と変わらないくらいでした。
不景気やインフルエンザの影響があるのかもしれません。

連休中はミニ集会と座談会の連続でした。
地域ごとにご支援いただいている皆様のご準備で
5人から10人くらいの方々とじっくり2時間語り合う会を
ずっと入れていました。

とても充実した内容が多く、またそれぞれの地区の抱える悩みも
よくわかり、やってよかったと実感しています。

引き続き行っていきますので、ご要望があれば
事務所までご連絡ください。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-07 22:31
この時期のフリマは最高~。
告知です。
5月10日(日)世田谷公園でフリマ開催します。
今回も出展多数。盛り上がること間違いなしです。
ぜひまだ間に合います、お申し込みください。

お問い合わせはRAV(リサイクル・アート・ビレッジ)

03-3487-7977 までお問い合わせください。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-02 23:04
5月です。
早いもので五月。
都議選まで60日あまり。
あっという間です。
[PR]
by taku--chan | 2009-05-01 16:30


Twitter
カテゴリ
フォロー中のブログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧